以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行

こんな方におススメ♪
  • 以前から使っていたソフトがWindows 10にアップグレードしたら動かなくなった!
  • Windows 10に対応していないソフトをWindos 10で使いたい!
  • 互換モードの設定方法が良く分からない
「現在稼働中のOSをサポートしていません」のメッセージが表示されるなどでプログラムが正常に動作できない場合は、互換モードを設定することでWindows 10でも利用できるようになる可能性があります。

【動画有】互換モードで起動するではソフトのプロパティで設定する方法をご紹介しましたが、今回はウィザート(紙芝居)形式で設定する方法をご紹介します。

ウィザードでは説明と共に順序良く設定を進めていく方法なのでパソコン初心者の方にお勧めです♪

もし「Windows によってPC が保護されました」と表示される場合にはこちら
SmartScreenで実行する方法

互換モードとは?

互換モードとは昔のWindowsのバージョンと互換性を保つために用意されているWindowsの機能です。

簡単に言うとWindows 10上でWindows 7や8の時の環境を再現してソフトを実行することができます。

とっても便利ですね♪

残念ながらそれでも実行できない場合も多々あるので過剰な期待は禁物ですが、Windows 10で動作しなくなった古いソフトがあったら是非互換モードを試してみてください。

互換モードをウィザードで設定する方法

それでは手順をご紹介します

01 コントロールパネルを開く

1

まずはコントロールパネルを開きます。

スタートボタンを右クリックし、表示されたメニューの「コントロールパネル」を左クリックしてください。

02 プログラムを開く

2

コントロールパネルが開いたら次は「プログラム」を左クリックします。
*表示方法がカテゴリのときの説明です

03 以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行を開く

3

プログラムの画面が表示されたら「プログラムと機能」にある「以前のバージョンのWindows用に作成されたプログラムの実行」を左クリックしてください。

04 プログラム互換性のトラブルシューティングツール

4

プログラム互換性のトラブルシューティングツールの画面が表示され、ここからウィザード(紙芝居)の始まりです。

「次へ」のボタンをクリックしましょう。

05 問題のあるプログラムを選択する

5

パソコンにインストールされているソフトウェアが検出され一覧表示されます。

互換モードを設定したいソフトウェア(プログラム)の名称を探し左クリックで選択してください。

一覧に表示されない場合には「一覧にない」を選びプログラムファイルを直接指定することもできます。

「次へ」ボタンを左クリックして次に進みましょう。

06 トラブルシューティングオプションを選択

6

「トラブルシューティングオプションを選択してください」の画面が表示されたら「推奨設定を使用する」を左クリックします。

07 プログラムの互換性設定をテスト

7

推奨設定でプログラムを起動したときのテストが行えます。
「プログラムのテスト」を左クリックしてください。

うまくいけば起動できなかったソフトが起動され、以前と同様に動作します。

起動できても起動できなくてもとりあえず「次へ」ボタンを押して次の画面に進みましょう。

08 確認画面

8

ウィザードの最後です。

問題が解決し、無事の動作できたら「はい、このプログラムをこの設定で保存します」を左クリックしましょう。
これで次回からこの設定で毎回プログラムが動作するようになります。

残念ながらうまくいかなかった場合には「いいえ、別の設定で、もう一度やり直します」を選択することで、別の設定を試すことも可能です。

それでもダメなときは?

互換モードを試してもダメだった場合はWindows 10で動作しないソフトの対処方法も参考にしてみたください。

特にHyper-Vを使う仮想パソコン環境では正常に使えることが多いので可能でしたら是非お試しあれ♪

人気コンテンツ

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *