Windows 設定の同期

こんな方におススメ♪
  • Windows 10をご利用の方
  • 複数のパソコンをご利用の方
ノートパソコンとデスクトップ、会社のパソコンと自宅のパソコンなど、複数のパソコンをご利用の方は設定の同期設定を行うことで個人設定や基本設定を複数のパソコンで共有することが出来ます。

今回はそんなWindowsの設定の同期についてご紹介いたします♪

設定の同期 について

MicrosoftアカウントをWindows 10のアカウントに利用することのメリットとして、オンラインに接続されるので個人設定や基本設定が OneDrive に保存することができます。

そうすることで、複数のWindowsパソコンで個人設定や基本設定を共有することができます。

これが設定の同期機能です。

その為、Microsoftアカウントを利用していることが設定の同期を行うための条件になります。

同期設定では

・テーマ
・Web ブラウザーの設定
・パスワード
・言語設定
・簡単操作
・その他のWindowsの設定*

などのWindows設定が同期されます。

*「その他のWindowsの設定」はエクスプローラー、マウス、プリンターの設定が同期されます。

また、全ての設定を同期するだけでなく、特定の設定の同期はしないなどの設定も可能です。

設定を同期する方法

それでは同期設定の手順をご紹介します。
とっても簡単です♪

01 スタートメニューを開く
1

まずは設定画面を開くためにスタートメニューを開きます。

「スタートボタン」を左クリックしてください。

02 設定画面を開く
2_スタートメニュー

スタートメニューが開いたら「設定」を左クリックしてください

03 アカウント設定を開く
3_設定

設定画面が開いたら次は「アカウント」を左クリックします

04 設定の同期画面を開く
4

アカウント設定画面が表示されたら左側のメニューにある「設定の同期」を左クリックします

05 同期の設定を有効にする
5

ここからが同期設定です。

「同期の設定」の項目の下にあるスイッチを左クリックすることでオン/オフの切り替えが可能です。

オフになっている場合にはスイッチを左クリックしてオンに変えましょう。

06 個別の同期設定
6

同期設定の項目の下には「個別の同期設定」があります。

各同期項目毎にオン/オフの切り替えが行えます。
同期の設定と同じくスイッチを左クリックすることが可能です。

以上で同期の設定は終わりです。

ちなみに私の同期設定方法ですが、一度各項目を全てオフにして、そこから必要な項目だけオンに変えます。
また、仕事用のパソコンは基本的に設定の同期は行っていません。

人気コンテンツ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *