PINの設定方法

Windows 10のセットアップで表示される

パスワードは時代遅れです

にはちょっと驚きますよね(笑

Windows 10ではパスワードの代わりにPINを利用することが推奨されています。

ではパスワードはなんで時代遅れなのでしょうか?
PINにするとどんなメリットがあるのでしょうか?

今回はPINについてご説明していきます。

パスワードは時代遅れなの?

パスワードは本当に時代遅れなのでしょうか?

これは正確ではありません。
これからも色々なところでパスワードは普通に使われていきます。

ではPINによるログインは新しいのでしょうか?

これは難しいところでPIN、つまり暗証番号はみなさんご存じのとおり昔からあります。

しかしWindowsのログインに限って言えばWindows 8からの新しい方法です。

Windows 10ではなぜPINを推奨しているのか?

これはWindowsのアカウントにはローカルアカウントとMicrosoftアカウントの2種類があり、Windows 10ではMicrosoftアカウントが推奨されていることに関係しています。

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントについての詳しい記事こちら!

「ローカルアカウント」では自分のパソコンだけのアカウントで、パスワードがパソコン内に保存されているので、そのパスワードはそのパソコンでのみ有効です。

つまり悪意のあるユーザーがあなたのアカウントにログインするには、あなたのパソコンが必要になるわけです。

これは実は結構難易度が高いんですね
*ただしパソコン自体が盗まれてしまった場合にはパスワードを破るのはそれほど難しくありません

一方で「Microsoftアカウント」のメリットの一つである「どのパソコンでも自分のアカウントにログインできる」ことは、言い換えると悪意のあるユーザーが自分のパソコンであなたのアカウントにログイン出来ることを意味します。

つまり入手難易度が高いあなたのパソコンがなくてもあなたのアカウント情報がわかればあなたのアカウントに不正ログインが出来るわけです。

これはちょっと大げさに例えると、あなたの個人情報が沢山入ったパソコンが、駅などの公共の場でログイン画面が表示されたまま放置されている状態です(笑

もちろんログインするにはパスワードを知っている必要があり、複雑なパスワードをやぶるのは難しいのですが、実はパスワード流出は「のぞき見」が多かったりします。

家だけで使用するなら大丈夫ですが、会社だったり電車、バス、喫茶店、ファミレスなど外出先でパソコンを使用した時は見られてる可能性は十分にあります。

また、もっと怖いのがスパイウェアやマルウェアによりパスワードの流出です。

そして、一度パスワードがばれてしまうとOneDriveなど他のMicrosoftサービスも乗っ取られてしまうので被害は甚大です。

このようにMicrosoftアカウントにすることは良いことばかりではありません。

上記のMicrosoftアカウントとパスワードの問題点を把握した上で、次はPINという選択肢を考えることになります。

PINのメリット

PINとは最短たった4つの数字のみの暗証番号です。
銀行カードの暗証番号やスマートフォンのロック解除と似たものです^^

まずはじめに、パスワードを破るという意味では圧倒的にパスワードの方が難しいです。

ではなぜPINが推奨されているかというと、ローカルアカウントと同じくPINはご利用のパソコンでのみ設定されるので、もしPINの数字が他の人に知られてもログインするにはあなたのパソコンが必要になります。

つまり言い換えるとPINは有効範囲を特定のパソコンだけに限定し、Microsoftパスワードを隠す方法ということになります♪

【 パスワードを使う場合 】
どのパソコンでも同じユーザーIDとパスワードでログインでき、さらにMicrosoftの他のサービスにもログインできる

【 PINを使う場合 】
どのパソコンでも同じユーザーIDは使えるがPINはパソコンによって異なるし、Microsoftの他のサービスにもそのパソコンからしかログインできない

これならPINの番号を盗まれても、あなたのパソコンも一緒に盗まないとあなたのアカウントにはログインできません。
盗難防止は犯罪者のリスクを増やすことが基本ですよね!

ついでにPINのもう一つのメリットは覚えやすく入力しやすいのでログインが楽です^^

PINセットアップ手順

それではPINのセットアップ手順を画像と一緒に説明していきます。

まずはじめにご利用のアカウントがMicrosoftアカウントかご確認ください。

1、 まずはスタートボタンをクリックします

1_スタートボタン

2、 スタートメニューが開いたら「設定」をクリックしてください

2_スタートメニュー

3、 設定画面が開いたら次は「アカウント」をクリックします

3_設定

4、 アカウントの画面が開いたら左側のメニューで「サインイン オプション」を選択してください。

4

5、 サインイン オプションの設定画面の「暗証番号(PIN)」の項目の[追加]ボタンをクリックします

5

6、 パスワードの再入力画面が表示されますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力し[サインイン]ボタンをおします

6

7、 PIN のセットアップ画面が表示されたら「新しいPIN」に4個以上の数字を入力し「PINの確認」にも同じ数字を入力してから[OK]ボタンを押します

7

これでだけでPINの設定は完了です!

次回のログインからパスワードの代わりにPIN(暗証番号)でのログインになります。

お疲れさまでした♪

人気コンテンツ

2 Comments

おかわ けんじ

新しくパソコン(ウイン10)を買いました。今までのパソコン(ウイン7)の具合が悪いからです。
新パソコンでマイクロソフトローカルアカウントを作成しました。
その時、PINコードも設定しました。
しかし、オフィス等のインストールが出来ません。
マイクロソフトアカウントを入れないとダメみたいです。
PINコードを設定したローカルアカウントでも、そのままアカウントに移行出来ますか。

Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *