詳細ブートオプションを表示する方法

こんな方におススメ♪
  • Windows 10をご利用の方
  • Windowsで問題が起こってる方
  • Windows 10のトラブルシューティングが必要な方
セーフモードでの起動などが選べる詳細ブートオプションはWindows 7以前では起動時にF8で表示できましたが、Windows 10ではその方法では表示できませんのでお困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はWindows 10で詳細ブートオプションを表示する簡単な方法をご紹介いたします。

詳細ブートオプション とは?

詳細ブートオプションは昔は拡張オプションメニューと呼ばれていたもので、セーフモードなどトラブルシューティングが可能なオプションが選択できます。

問題無いときは使うことはなく目に触れることもないですが、Windowsが起動できな時など致命的な問題が発生したときに助けてくれる頼もしい味方です。

Windows 10でももちろん「詳細ブートオプション」が利用可能で、以下のようなトラブルシューティングが可能です。

・ パソコンを初期状態に戻す
個人用ファイルを保持するか削除するかを選んでから、起動オプションのWindowsを再インストールします。

・ システムの復元
PCに記録された復元ポイントを使ってWindowsを復元します

・ イメージでシステムを回復
特定のシステムイメージファイルを使ってWindowsを回復します

・ スタートアップ修復
Windowsの読み込みを妨げている問題を修正します

・ コマンドプロンプト
高度なトラブルシューティングのためにコマンドプロンプトを使います

・ UEFIファームウェアの設定
PCのUEFIファームウェアの設定を変えます

・ スタートアップ設定
Windowsのスタートアップ動作を変更します

詳細ブートオプション を表示する方法

詳細ブートオプションを表示する方法はいくつかあります。

01 Shift + 再起動
1

スタートメニューの「電源」メニューにある「再起動」をShiftキーを押しながらクリックする方法で再起動を行うと詳細ブートオプションが表示されます。

02 設定から

ちょっと手間がかかりますが、わかり易い方法として設定からも可能です。

2

スタートメニューから設定を表示し「更新とセキュリティ」をクリックします

3

更新とセキュリティが表示されたら

左側のメニューの「回復」をクリックします
「PCの起動をカスタマイズする」の項目の [今すぐ再起動する] ボタンをクリックします。

この方法でも詳細ブートオプションが表示されます。

03 簡単楽々!デスクトップに電源ボタン for Windows 10
catch

パソ・コンシェルジュが提供する無料アプリ簡単楽々!デスクトップに電源ボタン for Windows 10でセーフモード(再起動)のショートカットが作れます。

デスクトップに作成されたセーフモードのアイコンをダブルクリックで実行するだけで詳細ブートオプションが表示されるので、最もシンプルでわかり易い方法だと思います。

既に簡単楽々!デスクトップに電源ボタン for Windows 10をご利用の方や、面倒な方法は嫌な方、頻繁に詳細ブートオプションを利用されるかたは是非ご活用ください♪

人気コンテンツ

2 Comments

起動時にF8で詳細起動オプションを表示する方法 | パソ・コンシェルジュ

[…] Windows 10で詳細起動オプションを表示する方法はこちら! […]

Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *