ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ方法

こんな方におススメ♪
  • Windows 10をご利用の方
  • ファイルの種類ごとにアプリを使い分けたい方
既定のアプリの設定変更についてはこちら<既定のアプリを変更する方法>でご説明しましたが、既定のアプリの設定では

・音楽プレイヤー
・フォトビューアー
・ビデオプレーヤー
・Webブラウザー

など目的別の設定となっています。

これはわかり易くて便利なのですが、例えば同じ画像でもJPEG形式はWindowsフォトビューアーで開き、GIF形式の場合はペイントで開くなど、ファイルの種類別に関連付けするアプリを設定することが出来ません。

そんな時は既定のアプリの設定のオプションに「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ 」がありますので、そこで設定しましょう♪

拡張子について

まずはじめに、拡張子とはファイルの種類を判断するためにファイル名の末尾に付いている文字です。

例えば、「画像ファイル名.jpg」の「.jpg」の部分が拡張子で、これはJPEG形式の画像ファイルであることを示しています。

この拡張子はユーザーがファイルの種類を判断する為だけではなく、「この拡張子のファイルを開くときはこのアプリで開く」など、拡張子とアプリを関連付ける役割があります。

ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ方法

それではファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ手順をご紹介します

01 スタートメニューを開く
1_スタートボタン

まずはスタートボタンを左クリックしてスタートメニューを表示します

02 設定を開く
2_スタートメニュー

表示されたスタートメニューから設定を開きます

03 設定画面
3

設定画面が表示されたら「システム」を左クリックします

04 設定 > システム
4

システムの画面が表示されたら左側のメニューにある「既存のアプリ」を左クリックします

05 既定のアプリ
5

右側に既定のアプリの画面が開いたら一番下までスクロールし「ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ」を左クリックします

06 ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ
6

今回は例としてMP3ファイル「.mp3」をGrooveミュージックからWindows Media Playerに変更してみます。

まずは下にスクロールし「.mp3」を探します。
「.mp3」が見つかったら、その右側に表示されている現在の規定アプリを左クリックします

07 アプリを選ぶ
7

アプリを選ぶの画面が表示され、選択可能なアプリの一覧が表示されます。

今回はWindows Media Playerをクリックします。

08 設定完了
8

これでMP3ファイル「.mp3」の規定アプリはWindows Media Playerになりました。

「.mp3」の拡張子になっているファイルをダブルクリックなどで実行するとWindows Media Playerが起動しそのMP3ファイルが読み込まれます。

今回はWindows Media Playerでしたが、MP3ファイルに対応するアプリなら他のアプリにももちろん変更できます。

人気コンテンツ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *