ウィンドウの高さを画面いっぱいにリサイズ

こんな方におススメ♪
  • Windows 10をご利用の方
全画面は嫌だけど高さは画面いっぱいに利用したい時ってありませんか?

そんな時はマウスでウィンドウの端をドラッグ&ドロップしてウィンドウのサイズを変更したりウィンドウを画面左や右端に移動させてスナップさせる方法がありますが、もう一つ便利な方法があります。

それが

ウィンドウの上端、下端をダブルクリック

もしくは

Windowsキー + Shiftキー + ↓キー

でリサイズする方法です。

この方法だと横幅は変わらず、今あるウィンドウの場所で高さだけがリサイズされ上下が画面いっぱいに一瞬でリサイズされます。

慣れると結構便利ですので是非お試しください♪

尚、この機能はスナップ機能の一つなのでスナップ機能が無効になっていると利用できません。

スナップ機能の有効/無効についてはこちら<スナップ機能を無効にする>をご参照ください。

実際に試してみよう♪ マウス編

それではまずはマウスを使って簡単にウィンドウの高さを簡単に上下画面いっぱいにリサイズする方法を試してみましょう。

m1

ウィンドウの上端、下端にマウスを移動させます。(赤線の場所)

そうするとマウスカーソルが上下のアイコンに変わります。

このアイコンになっている状態でダブルクリック(左クリック2回)してみてください。

2

そうするとウィンドウの横幅も場所も変わらずに高さだけが画面一般にリサイズされます。

上端と下端をドラッグ&ドロップしてリサイズするようり断然簡単ですよね♪

実際に試してみよう♪ キーボード編

次はキーボードを使った方法です。
キー入力中にいちいちマウスに持ち替えなくてもウィンドウのリサイズができちゃいます。

k1

まずはリサイズしたいウィンドウがアクティブ(最前面)になっている必要があります。

その状態でキーボードの

Windowsキー + Shiftキー + ↓キー

を押します。

2

するとウィンドウの横幅も場所も変わらずに高さだけが画面一般にリサイズされます。

キーボードから手を離さずにリサイズできるのは便利ですし、使いこなしてる感があってカッコイイです♪

ちなみにウィンドウのリサイズのコマンドとしては

・全画面表示 ( Windowsキー + ↑キー
・右にスナップ ( Windowsキー + →キー
・左にスナップ ( Windowsキー + ←キー
・最小化 ( Windowsキー + ↓キー

があります。

人気コンテンツ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *