アクセントカラーの変更

Windowsのパーソナル設定と言えばまずは壁紙ですが、壁紙を変えたらタスクバーやスタートメニューの色も壁紙に合わせるとより素敵になります!

尚、パーソナル設定では

・ 背景 – 背景画像や色の設定
・ 色 – アクセントカラーやスタート、タスクバー、アクションセンターの色や透過設定
・ ロック画面 – ロック画面の画像
・ テーマ – 配色や背景画像やサウンドを含めたテーマの設定
・ スタート – スタートメニューやスタート画面の設定

が行えますが、今回はWindows 10でのスタート、タスクバー、アクションセンターの色を変更する方法をご紹介します。

パーソナル設定の色設定で出来ること

Windows 10の「パーソナル設定 > 色」では

・背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ
・スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける
・スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする
・ハイコントラスト設定

が行えます。

この中でまず試してみてもらいたいのが「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」の設定を「ON」にすること!

この設定をONにすると自動的に背景に合う色を選択してくれます。

「スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする」の設定はONにすると、アクセントカラーで選択された色がスタートメニューやタスクバー、アクションセンターにも反映されるようになります。

「スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする」は設定をONにするとスタートメニューやタスクバー、アクションセンターが半透明になります。

半透明ですと美しいですが、それほど便利ってわけではないですし実は結構好みがわかれるところだとおもいます。

「ハイコントラスト設定」は設定するとすっごい昔のパソコンのようなデザイン要素が少なくコントラストがはっきりとした画面になります。

基本的に普通のユーザーが使うことはなく、特殊な用途で使用されます。

が、私は個人的に好きなんですね~♪
なんか「ザ・パソコン」って感じで嬉しくなっちゃいます(笑

スタート、タスクバー、アクションセンターの色を変更する方法

それではスタート、タスクバー、アクションセンターの色を変更する方法を説明していきます。

1、 デスクトップ上のどこでもよいので適当なところで右クリックし、表示されるメニューから「個人設定」をクリックしましょう

1_右クリックメニューから個人設定をクリック

2、 パーソナル設定の画面が表示されますので、左側のメニューで「色」をクリックして色の設定画面を表示します

2_色をクリック

3、 色の設定画面が表示されたら、まず初めに試すのが「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」の設定を「ON」にすること!
自動的に背景に合うアクセントカラーが設定されますので、まずはONにしてみてください。

ONにしてみてこの色じゃないな~と思ったらクリックしてオフすると、自分で色を選べるようになります

3_背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ

4、 「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」をオフにするとその下に色が選択できるようになりますので、好みの色の四角をクリックして選択しましょう。
選択された色がアクセントカラーになります。

アクセントカラーが変更されると例えばパーソナル設定の左側のメニューで選択されている項目の背景色が選択された色に変わっているはずです。

4_色を選択

5、 次に「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」の設定をONにしましょう。
これでアクションカラーに設定された色がスタートメニューやタスクバー、アクションセンターにも反映されるようになります。

5_スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける

簡単な設定で何回でも行えるので、いろいろ試してみてお気に入りの色を探しましょう♪

人気コンテンツ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *