勝手にスリープにならないようにする方法

こんな方におススメ♪
  • Windows 10をご利用の方
  • パソコンをつけっぱなしにしたい方
  • 操作はしないけど常に株価などの情報を表示させたい方
Windows 10でも一定時間パソコンの操作を行わなかったときに自動的にスリープになる機能が用意されていますが、必要な時だけパソコンを起動し、使い終わったらシャットダウンするような使い方や、逆に操作はしなくても常に株価などの最新情報を表示させたい場合などには勝手にスリープなってしまうと不便な場合があります。

そんな時には自動でスリープになる機能を停止してしまいましょう♪

自動にスリープするまでの時間を調整する方法はこちら<自動にスリープするまでの時間を調整する方法>をご参考にしてください。

自動的にスリープになる機能停止する設定

それでは自動的にはスリープにならないようにする手順をご紹介します

01 スタートメニューを開く

1_スタートボタン

まずはスタートボタンを左クリックしてスタートメニューを表示します

02 設定を開く

2_スタートメニュー

スタートメニューが表示されたら「設定」を左クリックして設定画面を表示します

03 設定 > システムを開く

3

設定画面が開いたら次は「システム」を左クリックします。

04 電源とスリープを開く

4

システムが開いたら次は左側のメニューにある「電源とスリープ」を左クリックします

05 スリープ設定

5

少し下にスクロールするとあるスリープの項目の下に「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする(電源に接続時)」があります。
その下に表示されている時間が現在設定されている時間です。

上の画像では15分に設定されています。

自動でスリープにならないようにするにはこの時間を「なし」に設定する必要があります。

06 時間を指定

6

時間の設定は数字を入力する形式ではなく選択肢から選ぶ方法になっています。

プルダウンメニューを左クリックすると沢山の選択項目が表示されますので、下にスクロールし一番下にある「なし」左クリックします

07 設定完了

7

これで設定が「なし」に変更され自動でディスプレイの電源がきれることはなくなります。

以上で設定は終了です。
お疲れさまでした♪

人気コンテンツ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *